心理学の具体的な学び方

心理学の学び方は、大きく分けて2つあります。まず1つ目は、大学で学ぶ方法です。大学に通うメリットは、基礎から応用までまんべんなく学べることです。心理学は種類が非常に多く、1つの分野を学ぶだけでも相当時間がかかります。そこで、専門の教授から講義を受けることで、しっかりと知識を身に付けることができるのです。心理学の知識が全くない人でも、まずは基礎から学習を始めるため安心して学ぶことができます。また実験なども定期的に行うため、関心をより深められるのも魅力です。

心理学の学び方の2つ目は、独学です。主に本やインターネットを活用して学習します。独学のメリットは自分のペースで学べることです。レポートや試験がないため学びに対するストレスを感じにくく、自分なりに学習を進められます。

学び方の注意点について

大学で学ぶ場合は学費に注意しましょう。心理学科は基礎的な学費に加えて、実験演習や資格試験などの費用もかかります。通学制の場合は年間で100万円前後かかります。通信制でも4年間在籍すると最低数十万円はかかるので、よく検討しましょう。独学の場合は、情報の古さや間違いに気を付けましょう。心理学は常に情報が更新される学問です。古い本やホームページでは、最新の情報を取り入れられない可能性があります。また、インターネットは手っ取り早く情報を得られるため便利ですが、全ての情報が正しいとは限りません。素人が制作したホームページは信憑性に欠ける恐れがあるため、学会などの公式ホームページを閲覧するようにしましょう。

心理学の大学は、本格的に自分の興味のある心理学の分野を極めたい人や、将来的に心理カウンセリングを扱う職業に就きたい人に選ばれています。