ネットなら自分で好みの補償を決められる

自動車をディーラーで購入するとき、担当者から一緒に自動車保険にも入るよう勧められるでしょう。自賠責は必ず入らないといけませんが任意への加入は自由です。でも担当者の営業トークに乗せられる人は多く、知らないうちに無駄な補償の保険に入っているときもあるかも知れません。そこでディーラーで加入するのはやめてネットで自分での加入に挑戦してみましょう。ディーラーで購入してもすぐに納車されるわけではないので、納車までに保険の契約をすれば問題ありません。ネットであれば自分でどんな補償が必要かを決められるので、内容の分からない補償がいつの間にかつくなどはありません。各補償の中身が分からない時もありますが、サイト内の案内をよく読めば理解できるでしょう。

営業担当者と会わずに契約ができる

自動車保険の入り方として、ディーラーの営業から話を聞く方法、損保会社の外交員から話を聞く方法、さらには街の案内所で話を聞く方法があります。これらはすべて人から保険の内容を聞いたり手続きをする方法になるので、話を聞いたり書類の受け渡しをする時間が必要です。忙しい人だと時間を作れないときもあるでしょうし、せっかくの休みをつぶして加入するときもあるでしょう。それ以外の加入方法としてネットからがあり、パソコンやスマホで保険会社のサイトに必要事項の入力をするだけで加入が完了します。書類に関しては郵送されてくるときもありますが、保険会社のサイトからマイページを開くと情報が見られる仕組みもあります。更新情報もメールで送られてくるので加入漏れを防げるでしょう

自動車保険は、何に対する補償なのかによって大きく3つの種類に分類できます。「被害を与えてしまった相手」 「自分自身」 「車」 がその分類です。