速やかに高額の資金を調達する方法

事業資金を調達するためには、一般的に銀行融資が活用されています。低金利・高額融資に対応しているのが特徴ですが、審査に時間がかかるのが難点です。急いでいるときはキャッシングから借りる方法もありますが、借入できる金額は少額になります。消費者金融からの借入は総量規制によって、年収の3分の1以内に定められています。事業資金調達を速やかに済ませたい、なるべく高額を調達したいという状況ではファクタリングを活用するのが得策です。これは売掛債権を譲渡・売却し、売掛債権の価値に応じた資金を調達する方法です。売掛先からの支払い日までに資金がショートするという状況で役立ち、ファクタリング会社によっては最短1日で振込してくれます。

信用情報にキズがついていても資金調達ができる

ローンの延滞をすると信用情報にキズがついてしまい、すべての金融機関からの借入ができなくなります。一般的に2~3ヶ月の延滞をすると、信用情報に履歴が残ると言われています。ひとたびブラックになると5年間はローンの利用ができず、銀行融資を受けることもできません。もし現在利用している事業ローンなどの支払いが難しい場合、それを乗り切る手段としてファクタリングが使えることがあります。1~5日程度で調達を受けられることが多く、審査では信用情報はチェックされません。そのため信用力が低くて借入ができない人でも、資金調達を受けられる可能性があるのです。売掛金は業種に関係なく譲渡・売却ができ、秘密裏で資金を調達することもできます。

ファクタリングは、回収が難しくなった取引先の売掛金を売却する方法のひとつで、業種や業態によらず、事業資金の確保をする際に選択されることが増えています。